INFORMATION

細谷ゲン×tko

tkoはこのたび、名だたるブランドのCI・VIやロゴデザインを始め、グラフィックからムービーまでハイブリッドなクリエイティブディレクションで活躍中の細谷ゲン氏とアドバイザリー契約を締結いたしました。その卓越したクリエイティビティとのコラボレーションを通じ、みなさまのコミュニケーション活動を、さらにフレキシブルに、さらに力強くバックアップいたします。

細谷ゲン氏主宰のVISIONのサイト
https://www.vision2.co.jp/

「コミュニケーションをデザインします」
BtoC、BtoB、様々なコミュニケーションをヴィジュアル的な思考と共に検証・整理して考え、経験を活かした総合的なクリエイティブ・ディレクションを行います。
マスメディア広告だけに限らず、WEBや動画コンテンツなど多様なコミュニケーションで、企業の課題をカタチにするブランディング施策のお手伝いを行います。

■ 細谷ゲン氏プロフィール
高校在学中より、当時YMOなどのデザインを手掛けていたアートディレクター奥村靫正氏主宰のザ・ステューディオ・トウキョウジャパンで丁稚奉公的にデザインの勉強を始める。その後86年、ヒップホップ全盛のNYへ留学。当地ではデザインの勉強やホームビデオでの作品制作、テイ・トウワ氏(当時DJ)と共にラップグループのレコードジャケットデザインを手掛けるなど、3年間の自由生活の後、89年帰国。クラブイベントやファッションショーのVJ、プロモーションビデオ制作などを手掛け、91年には「ビデオ・ドラッグ3」(立花ハジメ氏が音楽を担当)を発表。「チェッカーズ」ライブツアーでは巨大プロジェクターを使用したリアルタイムのVJ演出が業界で話題になり、VJスタイルのパイオニア的存在となる。92年より本格的?なデザイン制作会社としてVISIONをスタート。数々のCDジャケットやポスター、広告デザイン、プロモーションビデオやテレビCMなど、グラフィックと映像をハイブリッドに手掛けている。また、近年では企業のコーポレートブランディング、サービスや商品の広告戦略など、ヴィジュアル的視点を活かしたクリエイティブディレクションを行っています。